スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一門試練

今日は、一門のみなさんと関が原の試練をしてきました

まずは長宗我部盛親さんから私は典と道で参戦。

一門のみなさんは、鎧士医法芸だったかな・・・。あんまり良く覚えてない

あまりにも戦闘が激しくてSSも撮る暇がありませんでした

初めてやる試練だったので、順番だけ教えてもらって戦闘に突入。

典はいつも通り、詠唱・気合をがんばり、道はひたすら月触

最初の試練だし、そこまでは強くないだろうとか、思ってたら、全然強かった

盾さんもなかなか耐えるのが難しそうな・・・。

私はといえば、バーも読む余裕すらなく、あたふた

どれだけあたふたしてたかというと

「ょし3はあと月1発で落とせるぞ」と意気揚々に敵の生命見たら3の生命満タン・・・。

「えっ」「ぃつのまに~~~~

バーを読むどころか、回復されたことも気づぃてなぃっていう・・・

修行が足りなさ過ぎる

こんなんで大丈夫かわたし何回か事故もありましたが、皆さんのおかげでなんとか勝利

次は大谷吉継さん。

勝てませんでした強かった

今回は時間切れっていう事で、また今度リベンジを誓い報告。

実は、道の腕貫はいまだに、廃城でもらった「桃染めの腕貫」だったりしたので、とっても助かりました

ついでに帯までゲット腕力というのが、ちょっと気になりますが・・・。道に腕力・・・。

妖刀でぶっしゅぶっしゅ切りまくれということでしょうか

なにゎともあれ一門の皆様に感謝な1日でした

明日からゎまた週間がんばろ~ってちょっとだけ思い、めんまは右京の片隅で落ちました

ょろしかったら↓をぽちっと

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。